にこにこにこむぎ。

比べたがり屋の世間に流され疲れたら、またおいで

顕嵐くんの好きなところ(askより)

以下askと全く同じ文章なんですけど、これまで考えていた中でも一番簡潔に的を得て言語化出来たなって自分でもすっきりしているので、ブログにも載せることにしました。

 
 
 
◎顕嵐くんの好きなところ

顕嵐くんの好きなところは、いつ見てもやっぱり好きだなって思えるところです。具体的なことを一番に挙げられなくてすみません(笑)もちろんちゃんと言語化できる好きなところもたくさんあります。だけど顕嵐くんの担当になってから、いま顕嵐くん何してるんだろ…お仕事して…と思う時間がとても多くて、いくら担当をしているからと言っても毎日沸いて大好き大好きと言える訳ではありません。ジュニア担って難しいし大変でやめたいって思ってしまうときもあって、それだから元担はデビュー組で定期的にお仕事があって変化に気付けてっていうのが応援しやすくて自分の中でもそっちの比重が大きくなってしまうことがやっぱりよくあります。
でも顕嵐くんはどんなに小さな露出に対しても着実に結果を残してくれるし、その姿一つですごく考えさせられます。どの姿を切り取っても大好きだな、ずっと見ていきたいなって思わせてくれます。デビュー組のように毎日顕嵐くんという人を感じることはできないけど、空いてしまった期間を無駄にはしないし毎回困るくらいすごいな、かっこいいなって新鮮に顕嵐くんを好きなだと感じることができます。
 
顕嵐くんって「悔しい」っていう感情をきちんと言葉にできる人だと思います。それってジャニーズジュニアという箱にいれば多くの人が感じることだとは思いますが、ちゃんと私たちに伝わるように言語化することって難しいことだと思うんです。まず発信する場所が少ないというのも根本としてありますが、それ以上に自分の置かれてる境遇の変化や周りの仲間ないしライバルの仕事ぶりっていうシビアな部分に自分から触れることってとても勇気が必要です。
具体的に言うと、昨年夏にキンプリのデビューの勢いこそ感じた頃、そりゃ同世代のジュニアは自分にはしばらくデビューの順番が回ってこない可能性があると自分の将来を考えたことがあるのではないかなと思うんですよね。それを「自分は推されなくて悔しいです」なんてど直球でお涙下さいするのは違うし、キンプリを悪く言うような発言も違いますよね。だから悔しい気持ちの言語化って難しいと思うんですよ。そんな中で、自分は将来デビューして大きい会場を埋めたいだとか海外での公演にファンの皆を連れて行きたいという発想力。直接言及はせずともこちら側には悔しさが根底にあることが分かるようになっているんですよ、これをバネに頑張ろうなって悔しさを前向きに捉えられるんですよ。前提として顕嵐くんにはジュニアを辞めるという選択肢が端から無いんですけど、そうしてきちんと悔しさを発信することによって、そうした悩みを自分一人の決断に留めずヲタクにも勝手な憶測を作らせませんでした。よっぽどビジョンと自信と確固たる意志がないとできないことだと思います。
顕嵐くん自身、いつも悩み考えていることは当然あると思いますが、瞬発性が求められる一つ一つの行動に対して、彼にとっての最善の選択を毎度出来ていると感じます。もちろん顕嵐くんの考えていることを全て理解することは出来ないけど、露出がある度に顕嵐くんはたくさんの自身を表現してくれますし、顕嵐くんがした選択の結果なら全て正しいと信じられます。だから毎回やっぱり好きだなと思えるんだと思っています。遠いアイドルのことを内面が好きだなんて語るのは本末転倒だとは思っていますが、顕嵐くんのアイドルとしての表面しか見れなくても好きだなと思えることの根底には、顕嵐くんの内面にある感情がいつも鮮明で安定しているからかなと感じます。